診療科目 がん治療・がん免疫療法 リンパ浮腫・ケア外来 緩和ケア
人間ドック 看護部 乳腺外科


外来

外来

外来:外来看護師長

外来看護師長
私たち外来看護師は、最初に患者さんと接し情報収集を行い、医師やコメディカルと連携し、患者さんが安全に診療や検査を受けられるよう介助することが主な仕事です。
患者さんをお待たせしないためにも、手際よく業務をこなさなくてはなりません。しかし、一番大切なのは、患者さんとのコミュニケーションだと思います。何気ない会話の中から患者さんの本音やその背景、医師へ伝えきれなかった症状など多くの情報が得られ、信頼関係を築くきっかけにもなります。
接する時間が短いからこそ患者さんとの会話を大切に、信頼され・安心して受診していただける医療機関を目指し、努力していきたいと思います。

外来:外来看護師

外来看護師
「志望動機はなんですか?」
「家が近かったので」
そんな面接から、私の聖ヶ丘病院での勤務が始まりました。
一見ふざけた答えに思えるかもしれませんが、一人で子供を育てている私としては、
とてもたいせつな志望動機でした。
それを、面接してくれた看護部長は笑って「そうよね」と、受け止めてくれました。
人にはそれぞれ生活の背景があり、大切な物も価値観も違います。
それをわかってくれる病院、そんな第一印象でした。

入職後、看護師として経験の浅かった私は、外来の仕事を一通り習い、内視鏡に係る事になりました。内視鏡室に入るのも初めて。全く未経験からの内視鏡。
はじめは、おっかなびっくりでしたが、丁寧に厳しく教えて頂き、何とかメインで働けるようになりました。

私は入職3年で、この病院を一度辞めました。
辞めてみて、初めてこの病院のスタッフの温かさに気づかされました。
かんごし、放射線技師、薬剤師、事務、清掃の方々、患者様、そして、内視鏡医師をはじめ、先生方。
たくさんの人に支えられてきたことを。
この病院にはマニュアルには無い、温かい気づかいがあります。
改めて、この病院でさらに看護師としての経験を積みたいと思いました。そして、今も毎日スタッフと協力し、本当に患者様の為になる看護を勉強中です。

一般病棟
外来
ホスピス