診療科目 がん治療・がん免疫療法 リンパ浮腫・ケア外来 緩和ケア
人間ドック 看護部 乳腺外科


乳腺外科の開設について

 当院では開設以来、消化器、呼吸器、乳腺、甲状腺、頭頸部、婦人科系などほとんどすべての悪性腫瘍の診断、治療(外科的治療及び化学療法、免疫療法)を施行してきました。現時点でも多領域にわたる悪性疾患の患者様が当院で治療を施行されています。その中でも突出して治療症例数が多いのは、当院が日本乳癌学会関連施設に認定されていることもあり乳癌などの乳腺疾患です。今年度より私が日本乳癌学会乳腺認定医の資格を取得したのを機会に当院に正式に乳腺外科を創設することにいたしました。乳腺に関することであればどんなことでも気軽にご相談ください。

 当院では外科治療において多摩市では唯一、センチネルリンパ節生検に遺伝子検索が可能なOSNA法の設備を兼ね備えており、がん細胞の遺伝子を増幅して測定することが可能となっております。OSNA法ではセンチネルリンパ節全体を可溶化して検査するため、より正確な判定が可能です。また検査開始から完了まで約30~40分と術中検査が迅速に行うことができるため手術時間の短縮が可能となっております。さらに乳房温存手術も自己乳腺組織を用いることによって美容的に行っております。

 また診断では多摩市の乳癌検診も担当しておりデジタルマンモグラフィー、エラスト測定可能な超音波検査装置、組織細胞診など最新の設備を備えております。

 さらに進行、再発がんの患者様も他施設からの紹介治療症例も多いため是非諦めずにご相談ください。

 当面乳腺外科は私の担当する総合診療科と並行して開始いたしますので他臓器悪性腫瘍の患者様、慢性疾患など良性疾患の患者様の治療も引き続き責任を持って担当させていただきます。

令和1年7月
聖ヶ丘病院 院長
東京医科大学医学総合研究所免疫制御研究部門 客員講師(2019年6月より現職)

米戸敏彦

東京大学大学院医学博士、日本外科学会認定専門医、日本がん治療認定機構がん治療認定医、日本乳癌学会乳腺認定医、マンモグラフィー読影認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、日本人間ドック学会認定医、日本禁煙学会認定指導医、日本医師会認定産業医、身体障害者福祉法指定医(直腸機能障害)、ICD制度協議会認定ICD(Infection Control Doctor)、緩和ケア研修会 修了