診療科目 がん治療・がん免疫療法 リンパ浮腫・ケア外来 緩和ケア
人間ドック 検診・検査案内 看護部


看護師ひと言コメント

看護師ひと言コメント

一般病棟師長 中澤美枝子

認定看護師勉強会自分の大切な家族が病気になったら、この病院で治療や看護を受けさせたいと思えるか・・・その答えがYesであることが理想です。
患者さんとご家族に信頼して頂けるよう、人としてもプロの職業人としても日々切磋琢磨しています。
当院では、ガンの診断から手術や抗がん剤等の治療、そして、その後の大切な時間を有意義に過ごすために家に帰る方、ホスピスへと移る方、様々な場面で患者さんとご家族の想いを尊重した看護を心がけています。
ひな祭り、夏祭り、クリスマス・・・患者さんと過ごす季節のイベントはとても大切なひとときで、当院の特色でもあります。
「その一瞬病気を忘れて楽しんでほしい」そんな願いで医師、看護師、クラークが集まり歌ったり楽器を奏で、なごやかな時間を作ります。「この患者さんが私の家族だったら・・・」常にそう考え関わる毎日です。

ホスピス病棟 新井美智子

カンファ
私は、長年の看護業務の中で、多くの患者さんと出会い、終末期看護に携わってきました。その中で、辛さを訴える患者さんに、もっと何かできることはないかと思い悩み、緩和ケアについて知りたいと思ったことが、ホスピス病棟がある聖ヶ丘病院に入職したきっかけでした。入職して2年間は一般病棟で、がんと告知された時、治療を行う経過、治療が終了し緩和ケアを選択するという様々な場面に関わらせていただきました。その後、ホスピス病棟に異動しましたが、がん患者さんの身体や心の辛さを和らげるための知識が不充分だと感じ、看護臨床における緩和ケアの知識を深めていきたいと考え、認定看護師を目指そうと思いました。
緩和ケア教育課程では教師よりも年上で、一つのことを覚えることに時間がかかり、パソコンも初心者ではありましたが、同じ志の仲間と共に学んだ1年間はとても充実し、楽しい時間でした。私が学んだ神奈川県看護協会緩和ケア認定看護師教育課程では、週2日のカリキュラムで、仕事を続けながら学校で学べ、すぐに実践に結びつけて考えていくことができたので、納得しながら進むことができました。また、専門的知識以外にも看護師としての倫理観や患者さんと向き合う姿勢など、大切にしなくてはならないことも再認識しました。学校、仕事、家事に常に追われてはいましたが、勤務の配慮、職場や家族の協力のもとで学校を卒業し、今年の7月に緩和ケア認定看護師になることができました。
まだ、認定看護師となって日は浅く、病棟では経験豊かな素敵なスタッフに囲まれているため、教えていただくことのほうが多いのが現状です。しかし、そのことが私にとっては大きな強みであると思っています。認定看護師になると「自分で何とかしないといけない」と考えていましたが、1人では難しい状況でも、チームで話し合うことで、より良い看護に結び付けられるということを感じます。みんなで話し合うチームでケアする雰囲気がここにはあります。私自身が不充分だと感じていた緩和ケアの知識を広めていけるように、勉強会などを通して共に学んでいきたいと思います。
これからは、病院内だけではなく、がんと診断された時から継続できる緩和ケアが、外来、一般病棟、地域で実践できるようになっていけるように活動していきたいと思います。

一般病棟 橋本かおり

患者さんとのふれあい私は、現在准看護師として当院の病棟で働きながら、通信制の看護学校に在学しています。正看護師の資格取得に向けて勉強の毎日です。通信制は自学自習が基本なので、休みの日や夜勤入り・明けの日の時間を有効活用しながら学習を進めています。また、実習やスクーリング授業に出席する日は、病棟スタッフみんなの協力のもと、優先的に休みをいただけたおかげで、スムーズに実習やスクーリング授業に参加することができました。入学当初は、仕事をしながら計画的に学習を進める事に不安な気持ちもありましたが、上司をはじめいつも周りのスタッフの気遣いの声かけに励まされながら、仕事と学習を両立させています。
当院に就職して、私が感じることは「とにかくスタッフみんなのこころがとってもあったかい」ことです。お互いに挨拶をすること、「いつも気にかけていますよ。」という表情での気配りの声かけに、今までどれだけ救われてきたことか・・・。あったかい環境の職場の中にいると、いつも自然に笑顔で患者さまに対応している私がいます。ここ聖ヶ丘病院と出会い、スタッフみんなのやさしさを感じ、私は「看護の基礎」を教えられました。今までたくさん支えてもらったぶん、いろんなかたちで「恩返し」をしていこう、そんな風に思える環境の職場が聖ヶ丘病院の特徴だと感じています。