診療科目 がん治療・がん免疫療法 がん相談外来 リンパ浮腫・ケア外来
緩和ケア 人間ドック 検診・検査案内 看護部


ご挨拶

聖ヶ丘病院院長 米戸敏彦

当院は1990年に珠光会を母体として緑あふれる此の地に開設されました。開院以来、主に癌治療を専門とする病院としてがん検診、早期癌から進行・再発癌に対する外科治療や化学療法、そして緩和治療も含めたトータルな癌治療を一貫して行って参りました。近年は地域住民の方々のかかりつけ医として皆様の健康を担うべく高血圧、糖尿病などの生活習慣病の治療や肺炎などの急性疾患の対応などにも力をいれております。

また当院は癌治療の充実と地域に密着した良質な医療を、さらに高いレベルで提供することを今後の基本方針としております。そのためには、ハード面、ソフト面ともさらに充実させなければなりません。特にハード面では、2011年に最新の低線量64列マルチスライスCT機器およびデジタル画像システム(PACS)を導入したことにより、診断技術の向上はもとより、患者さんにとって低侵襲でかつ、鮮明な画像の提供が可能となりました。また2012年に腹腔鏡装置や手術室LED無影灯を旧式のものから最新のものへ刷新することにより手術室の医療機器の充実をはかり、より安全で侵襲の少ない優しい医療が提供できるようになりました。さらにロビーのシャンデリアを含む院内照明設備のLED化や病棟フロアのカーペット張り替えなど患者さんが快適に過ごせるような環境づくりも行いました。

一方、ソフト面では医師の拡充や多摩市医師会を通して地域の医療機関とのより緊密なネットワークを構築いたしました。特に終末期医療を自宅でも受けられるように在宅医療を推進すべく多摩市の在宅医療支援病院として在宅治療を行っているクリニックとの連携も始めました。

患者さんや地域住民やクリニックの先生方からのご意見を真摯に受け止めて、全職員が良質な医療を提供できるように努力していきますので、さらなるご指導、ご鞭漣をよろしくお願い申し上げます。