診療科目 がん治療・がん免疫療法 リンパ浮腫・ケア外来 緩和ケア
人間ドック 検診・検査案内 看護部


免疫チェックポイント阻害剤について

免疫チェックポイント阻害剤等の未承認薬を用いたがん治療について

 

これまでの免疫療法では、リンパ球やNK細胞等によって免疫機能の攻撃力を高める方法が中心でしたが、最近、がん細胞が免疫のはたらきにブレーキをかけて、免疫細胞の攻撃を阻止していることがわかってきました。そこで、がん細胞によるブレーキを解除することで、免疫細胞の働きを再び活発にしてがん細胞を攻撃できるようにする新たな治療法が考えられました。その中でも免疫チェックポイントと呼ばれているブレーキ役の部分(PD-L1とPD-1の結合)を阻害する免疫チェックポイント阻害薬(一般名:ニボルマブ、商品名:オプチーボ)やT細胞が癌細胞を攻撃する免疫機能のブレーキ役となる分子「CTLA-4」を解除し、免疫機能の活性化を持続させ制御性T細胞の機能を低下させたり、癌組織中の制御性T細胞の数を減らすことで、癌に対する攻撃力を高める薬(一般名:イピリムマブ、商品名:ヤーボイ)が実際の治療で使用されるようになっています。このような新規の薬剤を従来の免疫療法や抗がん剤と組み合わせることにより大きな治療効果が期待できます。当院ではこのような最新の治療法を行うことが可能です。このタイプの薬に限らず当院では日本で未承認の薬剤を使用しがんに対して徹底的に戦うことができます。(ただし保険適応はなく全額自費負担となります。)詳細は院長のがん治療相談外来にてご説明いたします。(時間、予約については、まずお電話にて当院地域連携室へご相談ください。)また当院も所属している未承認薬研究会のホームページ(http://ssud.org)も参考にして下さい。